帝京高校吹奏楽部〜Teikyo Jazz Orchestra Swinging Honey Bees〜

スコット先生始め講師の先生方のチームワークで非常にわかりやすく的確で贅沢なワークショップでした。ありがとうございました。これからのアドリブが楽しみになりましたね。

ごあいさつ

8日土曜日、今週は木曜日より保護者会と授業参観の週間で、私も保護者面談や校内説明会のお手伝い、そして本日は高文連総会参加など細かくも実りのある予定が目白押し。また、昨日7日金曜日にはCalifornia Jazz Conservatory日本代表でドラマーのスコット・レイサム先生監修による、ジャズの「アドリブ(仏語)」「Improuisation(英語)」のワークショップを行いました。サックスの中山拓海先生とトランペットの富山渡先生も同席してくださいました。とても解りやすく的確なアドバイスで大きな収穫があり、1年生を含めた多くの生徒達が積極的にインプロヴィゼーションに挑戦しました。各先生方とワークショップの機会をいただいた篠崎様には心より感謝申し上げます。これからのコンサートシーズンでも生徒達には積極的にインプロヴィゼーションに挑戦をさせたいと思っております。
次のイベントよりいよいよコンサートシーズンの開始です。まずは非公開での帝京ジャズ交流会。6月16日(日)本校音楽室に東京都立府中高校様、東京都立小石川中等教育学校様、埼玉県立川越高校様、帝京高校の4校約140名近くが集まり大交流会を行います。各バンド共に新たなバンドもスタートするとは思われますがとても楽しみです。いつもの最後のセッションは大変な事になりそう??
ここでお詫びを。学校はとても忙しく、コンサートシーズンが終わるとすぐにテストシーズンとの繰り返しです。演奏の準備が終わるとすぐにテストの準備に入ります。教員も然り。そのためホームページのレポートの更新が著しく遅れております。レポートには演奏会のご報告とお礼の意味も含めて作成しているのですが、追いつきません。本当に申し訳なく思っております。今後はホームページの管理運営方法を改善し、よりお楽しみいただけるよう努力いたします。

参考動画より
1.But Not For Me / George & Ira Gershwin
とても明るい失恋ソングだ。誰かが失恋したわけでは無いが美しいメロディに最近取り上げることが多い。
2.Fly Me To The Moon / Emil & Zandra
最近生徒達との話題はUFOだ。夜道に月を見上げては周りの生徒達に宇宙人を探す。私かも?
3.青春の影 / 森山直太朗
おじさん?の歌を見つけてしまったね。あれはチューリップ?歌は財津和夫?今は直太朗!45年前です。もう宇宙人なのかもですね。月が恋しい!気をつけよ!?

(19.6.8 / 顧問・後藤健一 / 過去の「ごあいさつ」はこちらから)

更新情報

ホームページをご覧の皆様へ
レポートの更新が大幅に遅れましたことをお詫び申し上げます。

6/16☆レポート「帝京JAZZ交流会」、「帝京高校卒業式」、「西東京ジャズ・フェスティバル2019」、「帝京グループ入学式」、「新入生歓迎LIVE」、「春季東京都高等学校野球大会応援」、「千尋先生による初めてのジャズ講座」、「スコット・レイサム氏ワークショップ」をアップしました。
6/8☆レポート「クリスマスコンサートinけやきひろばイルミネーション」、「NORTHJAZZ」、「帝京ジャズ国際交流会」、「第28回Student Jazz Festival 2019東日本大会」をアップしました。
6/5☆レポート「中央工学校クリスマスチャリティーコンサート」、「日本工学院レコーディング実習」をアップしました。
5/31☆2019年度・年間スケジュールを追加しました。
5/9☆2019年度・年間スケジュールをアップしました。
4/27☆レポート「第97回全国高等学校サッカー選手権大会準決勝・決勝戦応援」をアップしました。

もう夏が来たかのような気温になっていますが*1、皆様いかがお過ごしでしょうか。先週金曜で中間考査が終了し、久しぶりの部活動となりました。 新入生の歓迎会も無事終えて、3学年で次の目標へ向けて進んでおります。
次の演奏行事は、6月16日の交流会となります。今回は合計4校が集まります。どの学校も、基本はビッグバンドスタイルでJazzに取り組んでいます。コンボでの活動に比べると、おそらくインプロヴィゼーションに取り組む時間は少ないのかなと思います。そこで、この交流会では、"インプロヴィゼーションにみんなでチャレンジしよう"と、セッションの時間を設けています。 その場で音楽をつくることができるのが、Jazzの面白いところです*2。Jazzを通して、切磋琢磨できる新しい仲間をつくってほしい、と切に願っております。
*1 The Drum Thing - Butch Miles & The Count Basie Big Band
Butch Miles のドラムは観ていても楽しいです。暑さでバテそうなときは、ビッグバンドの元気になる曲を。
*2 Summertime - Albert Ayler
スタンダードのナンバーも、Free Jazzの代表的サックス奏者Albert Aylerが演奏するとこうなります。
(19.5.28 / 副顧問・根岸昌平)

ホームページをご覧の皆様いかがお過ごしでしょうか。
新学期が始まったかと思っていましたら、あっという間に一学期の中間テストが終わり令和元年も早いもので1ヶ月が過ぎました。今年度はたくさんの新入生が入部してくれました。 なんと一年生だけで二、三年生の人数を超えてしまったのです。音楽室は部員で溢れ嬉しい悲鳴が響いております。
今年度もたくさんの行事にお声かけいただいております。新しいメンバーでどんなジャズを奏でていくのかとても楽しみです。今年度もどうぞよろしくお願いいたします。
(19.5.31 / 副顧問・明石美千子)