帝京高校吹奏楽部〜Teikyo Jazz Orchestra Swinging Honey Bees〜

演奏会場は音響も良く気持ちの良いオープンスペースでしたね。雨の中沢山のご来場を頂きありがとうございました。
霧雨小雨の中の応援で金管楽器だけでしたが野球部の頑張りで勝利!

ごあいさつ

16日、連日曇り空が続き梅雨明けが待ち遠しい火曜日、上記写真上は14日日曜日に開催されたさいたまスーパーアリーナけやきひろばでの「ラブ・ジャズ・タイム2019」。1年生バンドのデビューステージとなりました。各学年共に他学年を含んだバンドではありますが、チームワークをよく整え、今後の成長が楽しみな演奏を繰り広げていました。また、季節柄天候が心配な中、多くのご来場の皆様から演奏が終わるたびに拍手とご声援をいただきました。心より感謝申し上げます。未熟なところを微調整しながら次のイベントに備えていきます。
そして、上記写真下は15日海の日の月曜日には神宮球場でこの夏初めての野球部応援。試合が開始しても霧雨は止まず後に小雨になり試合終了の頃にようやく雨がやみました。雨に弱い木管楽器は使用せず金管楽器のみの応援となりました。例年になくとても寒く、本校では熱中症対策はバッチリではあるが、この時期の寒さ対策を考えるのは初めてでありました。事前に用意していただいた氷を使わずに終わったのも初めてのこと。まさしく想定外。この夏は想定外な事が起きるのか?とにかく時代が変わっても帝京の生徒達には元気に明るくそしてたくましく最後までやってもらいたいと思っております!
試合の予定は天候の都合で変更が出ていることもあるため、事前に必ずご確認ください。

<野球部応援日程>
※悪天候のため変更がありました。
7月15日(月)9時00分〜神宮球場
7月19日()9時00分〜神宮球場(終業式のため吹奏楽部の応援参加はございません)
7月20日(土)9時00分〜神宮球場
7月22日(月)8時00分〜神宮球場
7月25日(木)12時30分〜神宮球場
7月27日(土)10時00分〜神宮球場
※雨天時の変更の可能性がございますのでお出かけ前にホームページやツイッターでご確認下さい。
<第35回ジャパン・ステューデント・ジャズ・フェスティバル2019>
日時:8月18日(日)出演時間:11時40分〜11時52分(1番目、演奏12分間)、表彰式:17時05分〜18時00分
会場:神戸文化ホール大ホール(神戸市営地下鉄西神・山手線大倉山駅下車徒歩1分)
入場料金一般1,000円、中高生500円、小学生以下無料
<甲南高校「Friendship Concert」>
日時:8月19日(月) 13時00分開演14時30分終演予定
会場:甲南学園平生記念館セミナーハウス多目的ホール(JR神戸線住吉駅下車徒歩10分)
入場無料保護者及び関係者のみ※ご来場の際は自校の教員にお声かけ下さい。

参考動画より
1.Polka Dots And Moonbeams / Chet Baker
とあるダンスパーティーでの出会いから始まる物語で「水玉模様のドレスと月の光」と題したジャズのスタンダードである。今年はなぜか月にまつわる選曲が多い。もしかして宇宙人がいるの・・・?
2.Afternoon In Paris / John Lewis
ヨーロッパではパリはジャズが盛んな街。
3.ガールズルール / 乃木坂46
応援新曲

(19.7.16 / 顧問・後藤健一 / 過去の「ごあいさつ」はこちらから)

更新情報

ホームページをご覧の皆様へ
レポートの更新が大幅に遅れましたことをお詫び申し上げます。

6/22☆レポート「帝京JAZZ交流会2019」をアップしました。
6/20☆レポート「第44回定期演奏会」、「新入生歓迎会」をアップしました。

9日で期末考査も終わりました。生徒たちは早速応援の練習に取り掛かっております。教員は採点やノートチェックに追われますが、生徒たちの頑張りに負けないよう、気合を入れてやっております。
さて、ボサノヴァが似合う季節になってきましたが、先日、Joao Gilberto が亡くなったという悲しいニュースが入ってきました*1。"Getz/Gilberto"というStan Getz*2との共演版が特によく知られています。国内の報道でも取り上げられる機会があり、ボサノヴァという言葉や彼の楽曲を耳にした方もいるのではないでしょうか。このような音楽がどのような歴史を持っているのか、そういったところも生徒たちには学んでほしいと思っています。
*1 Garota de Ipanema - Joao Gilberto
邦題は「イパネマの娘」、ジョアン・ジルベルトの代表曲です。R.I.P.
*2 Wave - Stan Getz
こちらはアントニオ・カルロス・ジョビンの有名なボサノヴァナンバー。美しいです。
(19.7.9 / 副顧問・根岸昌平)

ホームページをご覧の皆様いかがお過ごしでしょうか。
新学期が始まったかと思っていましたら、あっという間に一学期の中間テストが終わり令和元年も早いもので1ヶ月が過ぎました。今年度はたくさんの新入生が入部してくれました。 なんと一年生だけで二、三年生の人数を超えてしまったのです。音楽室は部員で溢れ嬉しい悲鳴が響いております。
今年度もたくさんの行事にお声かけいただいております。新しいメンバーでどんなジャズを奏でていくのかとても楽しみです。今年度もどうぞよろしくお願いいたします。
(19.5.31 / 副顧問・明石美千子)