帝京高校吹奏楽部〜Teikyo Jazz Orchestra Swinging Honey Bees〜

真夏の熱い日に野球応援からたくさんの方に助けられながらの演奏など、様々な思い出がある西東京市民会館。本当にありがとうございました。どこかでまたの再会を願っております。では、また逢う日まで!

ごあいさつ

17日(日)、間もなく閉館になる西東京市民会館公民館での西東京ジャズフェスティバルファイナル2019が盛大に終わりました。今年度最後の行事は卒業生達が外部でファーストステージを迎えた舞台でのラストステージとなりました。三年間応援も含めると演奏行事はちょうど100ステージ! 多くの方との出会いのなかで成長し、本当のラストステージある第44回定期演奏会〜Teikyo Jazz Night2019〜を迎えます。
これまでの感謝の気持ちを伝えるための舞台ではありますが、最後の雄姿にも盛大なご声援をお願いいたします。多くの皆様のご来場をお待ちしております。詳細は下記の通り。
また、19日(火)、地元のケーブルテレビJ:COM様に宣伝用の収録に音楽室にいらっしゃいました。収録の様子は下記の予定で、また定期演奏会当日の様子も後日放映予定です。
チャンネル:地デジ11ch J:COMチャンネル
放映日時:3月21日(木)17時30分〜生放送予定
板橋区20時30分〜/22時00分〜 北区20時30分〜/23時30分〜
エリア外:地域情報アプリ「ど・ろーかる」 タブレット及びスマホ用でご観覧になれます。
テレビJ:COM東京・北
※放送日や放送時間は変更になる可能性があります。

皆様のご来場をお待ちしております!

<第44回定期演奏会〜Teikyo Jazz Night2019〜>
日時:3月22日(金)17:00開場 17:30開演
会場:北とぴあJR線王子駅下車北口徒歩2分 つつじホール(小ホール) 入場無料

参考動画より
1.This Could Be The Start Of Samething Big – 山下洋輔(pf)
演奏者にお世話になった先生方がたくさんおりますね。
2.また逢う日まで – 尾崎紀世彦
バンドがあまりにもかっこ良すぎますよ!もちろん歌も!
3.On The Sunny Side Of The Street – Tony Bennett & Willie Nelson
毎日夜明け前には学校に向かい日が暮れても食卓を家族と囲むこと事も出来ませんがそろそろ陽の当たる表通りが恋しいですね。でも日々の生徒達の成長が楽しみなので苦ではございません。

(19.3.19/ 顧問・後藤健一 / 過去の「ごあいさつ」はこちらから)

更新情報

2/24☆レポート「横濱JAZZ PROMENADE2018」、「岡谷遠征・The BigBand of Music Toys and Guests Joint Concert」、「第27回ハママツジャズウィーク Student Jazz Festival」、「明海大学・JAZZレクチャーコンサート&ワークショップ」をアップしました。
2/3☆レポート「蜂桜祭」、「体育祭」をアップしました。
1/10☆レポート「金沢ジャズストリート2018」、「ジュニアブラス交流フェスタ」をアップしました。

2月3日の交流会も無事終えることができました。ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。
校内では、10・11日の一般入試に向けての準備も行われています。
今回のイベントは一般参加は不可でしたが、音楽室は大変盛り上がっておりました。帝京高校に入学した際は、吹奏楽部の活動の様子をその目で見にきてくださいね。
さて、交流会の終わりには2曲、ソロを全員に回してインプロヴィゼーションに挑戦してもらいました*1。日本では"ad-lib"という表現が多く使われますが、英語圏では"improvisation"を使用するのが一般的なようです。動詞形の"improvise"をOXFORDの英英辞典で引いてみますと、
"to invent music, the words in a play, a statement, etc. while you are playing or speaking, instead of planning it in advance" とあります。
"instead of planning it in advance" は「事前に計画するのではなく」という意味です。個人的に、この言葉の持つ意味を大切に扱う演奏会が必要なのかなと感じています。交流会でインプロヴィゼーションにチャレンジしてくれた皆さんの、これからの成長を楽しみにしています。
*1 Nows The Time - Salutes The Jazz Masters
今回やった中から1曲。短いながら、それぞれのキャラクターがよくわかる演奏ではないでしょうか。
(19.2.8 / 副顧問・根岸昌平)

HPをご覧の皆さま
明けましておめでとうございます。昨年はたくさんの行事に参加させていただき生徒とともに色々な地域に訪れることができました。この場をお借りして感謝申し上げます。
今年は年号が変わり節目の年となります。さらにオリンピックイヤーの前年。例年以上に忙しくなる予感がいたしますが、その中で生徒たちがたくさんの方々と出会い、切磋琢磨しジャズを通して大きく成長していってくれることを願っております。
2019年まず初めはスチューデントジャズフェスティバル。1月はさらに2年生は沖縄への修学旅行と部活動の行事だけではなく学校行事も盛りだくさんです。今年もいろいろな場所で皆さまとお会いできるのを楽しみにしております。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
(19.1.7 / 副顧問・伊藤美千子)