帝京高校吹奏楽部〜Teikyo Jazz Orchestra Swinging Honey Bees〜

トップページに記しております顧問のご挨拶バックナンバーです。
過去5年分あります。2020年度2019年度2018年度2017年度2016年度

2021年7月15日

賞状と盾と記念品をいただきました。ありがとうございました。練習の励みになりましたね。また頑張りましょう。

梅雨明け間近な15日木曜日、5月初旬に結果が発表されたカルチャークラブコンテスト2021の準グランプリを受賞した賞状と盾が到着し、コロナ疲れの生徒達が久しぶりの嬉しい贈り物の喜びに湧いた!現在、音楽室では厳しい規制や感染対策のもと次のイベント予想しつつコツコツと練習を開始している。青春の歩みを止めるわけにはいかない。
感染者数が全く減らないのは本当に心配だ。油断することなく今日もこれから音楽室のアルコール消毒が始まる。間もなく1学期の終業式だ。何とか無事に過ごさせたい。

参考動画より
1.The Burt Bacharach Medley / The Capenters
カレンは美しい声のヴォーカリストのみならずとても優秀な女性ドラマーである。女性で非力な分、合理的にドラムを操る。本校も女子のドラマーは多い、学ぶ事が多いと思う。
2.In The Mood / Doc Severinsen
ビッグバンドと言えばこの曲。原曲ではないが、どの編曲も魅力が一杯だ。
3.Route66 / Diana Krall
言わずと知れたアメリカンポップスの代表曲。曲中のシカゴからLAまでは約3,000km、日本で見ると北海道から那覇までぐらいである。

2021年7月9日

機材の多く揃った音楽室はさながらレコーディングスタジオやTV局のスタジオのようである。行事が少なくなった夏休みでも多くの思い出を残せるよう積極的に活動して下さいね。楽しみにしておりますよー?

9日梅雨空の金曜日、本日で第一学期の期末考査が終わり部活動が再開したが、東京でのコロナウイルスの感染者数は減ることはなく、また来週12日より8月22日までの緊急事態宣言となり活動に大きな制限がかかる。我慢の連続だが腐ることなく生徒達と協力しながら明るく元気に過ごしたいと思う。本日は行事の減った夏休みでも例年の通り音楽室を夏休み仕様に全員で協力して改装した。しばらくはいつもの教室を離れ部員と共に過ごす。自分の好きな音楽と共に計画的に過ごして成長して欲しい。
ご覧の皆様もくれぐれもご健康にはご留意ください。

参考動画より
1.Rainy Days and Mondays / Carpentars
梅雨になるとよく聞くアメリカンポップス放題「雨の日と月曜日は」ではあるが、梅雨明けが待ち遠しい。
2.Georgia On My Mind / John Thomas
とても美しいジャズ。スタンダード曲をトランペットで
3.Like father Like Son / The Don & John Thomas All-Star Big Band
ジョンさんと言えばこの動画!お父上とのデュエット

2021年6月21日

待ちに待った活動再開です。上級生に欠席者がいるものの1年生は全員集合です。感染対策をしっかりと行い、ようやく音楽に打ち込めるこの時間を有効に過ごして下さい。

21日、梅雨の合間ではあるが陽の光が爽やかな月曜日、夏至だ。北半球において1年のうちで昼の時間が最も長くなり、太陽の力が最も強まる日とされている。政府は東京都等に発布されていた緊急事態宣言を昨日20日日曜日をもって解除し、まん延防止等重点措置に移行した。それに伴って本日21日より色々な制約はあるが部活動の再開が始まった。決して新型コロナウイルスが収まった訳ではないのでかなり慎重だ。油断は出来ない。いつもと同様の感染対策を行いながら失った時間を少しずつ取り戻せる。ありがたいことだ。部員達も我慢の連続だが良く耐えていると思う。1週間は活動ができるがすぐに期末考査の期間になり、また活動が止まる。
次の再開は7月夏だ。青春の時間は今年は特にあまりにも少ない。一瞬一瞬が貴重だ。大切にして欲しい。部員達にはコロナ禍でいつも笑いながら過ごせる訳ではないだろけど、過ぎ去った日々を思い出したときに笑えるよう何事も全力で過ごして欲しいと願っている。

参考動画より
1.祝典序曲 / 武蔵野音楽大学ウインドアンサンブル(指揮:アントニン・キューネル)
青春の思い出(笑)1983年大学3年時アメリカ西海岸演奏旅行音源のみ
2.Mercy,Mercy,Mercy / Tommy Igoe
トミー・アイゴーは西海岸出身で現在NYCで活躍中のドラマーだ。
3.白鳥 / シャルル・カミーユ・サン=サース(チェロ:宮田 大)
たまにはクラシックの名曲も。サン=サースはフランスの作曲家でパリで最も名誉ある,世界で最も素晴らしいオルガニスト。今年2021年は没後100周年である。

2021年6月9日

教室に新入部員を集め上級生より吹奏楽部の細かな説明を行いました。ようやく本格的に吹奏楽部員になります。それぞれの個性を生かしてたくさん活躍して下さいね。期待してます。なによりもジャズを楽しんで下さい!

9日水曜日、まだ梅雨入りもしていないが気温も上がり夏が近いことを感じる日となった。6月9日はロック(69)の日である。アメリカの大衆音楽ロックンロールの「ロックの日」と制定され若い頃を甘酸っぱく思い出す日だ。日本では「我が家の鍵を見直すロックの日」いわゆる防犯の日である。2018年米国ウォールストリートジャーナルが発表した「史上最も人気のあるロックバンド」の1位はビートルズ、2位レッド・ツェッペリン、3位クィーンであった。 現在の部活動は非常に慎重に活動を再開の準備を進めている。本日は新入部員を対象に部活動のガイダンスを上級生より行った。不足しているパートもあるので引き続き新入部員の募集を行っている。夏の応援も近い。音楽室や教室でこれからの活動の準備をしている様子を一度見学にお越しいただきたい。心よりお待ちしている。

参考動画より
1.リハーサル音源 / TOKYO ENSEMBLE LAB
偶然見つけた日本を代表するスタジオミュージシャンによる角松敏生プロデュースのビッグバンド演奏。この音源の中にこっそりと名曲が隠れている。
2.Yesterday / The Beatles
ポールがギターを持って歌ってる姿を見れるとはコロナ禍ではあるが良い時代だ。
3.We Are The Champions
すでに映画「ボヘミアン・ラプソディ」でも有名な場面だが本物はさらに良い。

2021年5月24日

中間考査中のため生徒の下校は早く、静まりかえった校舎で活動再開に向けて粛々と準備を進めております。まずは健康第一!校舎の周りでは健気に季節だけは進んでおり、草花は色を付け夏への準備も始まっているようです。帝京高校も夏への準備をしなくては。

24日、気持ちよく晴れ上がった梅雨の合間の月曜日、生徒達は明日で中間考査も終わります。昨日23日には先日演奏を収録し応募したカルチャークラブコンテスト2021の結果発表がSNS上でありました。結果は吹奏楽部門総投票数6182票のうち507票のご投票をいただき、「準グランプリ」賞を受賞いたしました。ご投票並びに応援いただきました皆様に大会関係者各位には心より感謝申し上げます。大会やイベントが何もない中、久しぶりの嬉しい出来事ですが、また暗い影が…。緊急事態宣言のさらなる延長が?人命優先のためしょうがない。部員達の二度とは戻らない青春時代も大切。前を向けるようまた多くの知恵を部員達と出し合っていこうと思っております。ご覧の皆様の健康で元気に笑顔で過ごせることをお祈りしております。

参考動画より
1,Cool Struttin / Don Sickler
マウント・フジ・ジャズ・フェスティバル1988のお宝映像
2,She’s Out Of My Life / Eric Alexander
マイケル・ジャクソンの名曲をT.Saxエリック・アレキサンダーで
3,はじまりはいつも雨 / Bank Band
梅雨になると突然思い出し好きになる平成の名曲,梅雨が終われば終わり。(期間限定笑)

2021年5月1日

何もイベントがない中、モチベーションを落とさずに良く頑張りましたね。投稿結果はまだまだ先です。ジャズを演奏させて頂けた事だけでも感謝して結果を待ちましょうね。

午前は晴れてはいたが午後には雨になったり、強い風の吹くゴールデンウィーク初日1日土曜日、先程午前中の授業も無事に終わった。音楽の授業は2時間続きということもあり、週末で疲れている生徒達を気遣ってゆったりと時間が流れる。最後まで集中力を切らすことなく笑顔で音楽室を出て行った。いつもだったらこの午後の時間は部活動の最中だが、現在は緊急事態宣言下のため一時活動を休止している。音楽室は静寂だ。掃除に除菌とひとりぼっちの作業はいつものことだが、活動再開に向けできる事から始めなければならない。外部でのイベントはまだまだ先のようだが、先日撮影した動画によるネットでの投票コンテスト、カルチャークラブコンテスト2021帝京Swinging Honey Beesページが本日より始まる。演奏曲目はピクサー映画「トイ・ストーリー2」より「You’ve Got a Friend in Me(君はともだち)」のビッグバンドバージョンだ。生徒達はこの曲で「支えて下さった方々に感謝をし、そしてコロナ禍でも頑張った全ての高校生に元気を届けたい。」と気持ちを込めて明るく演奏し、ジャズに親しんでもらいたい、好きにもなってもらいたいようだ。是非とも本校のサイトにアクセスし閲覧並びにご投票頂けたら幸いだ。 新入部員の募集はまだまだお待ちしている。気が向いたら音楽室前か顧問へLet’s go!

参考動画より
1.Soon / Gary Burton
George Gershwin作曲1927年に初演されたミュージカル「Strike Up The Band」で使用
2.Work Song / Cannonball Adderley Quintet
弟でコルネット奏者のNathaniel Adderleyが1960年にリリース
3.You’ve Got a Friend in Me(君はともだち) / Randy Newman
ピクサー映画「モンスターズ・インク」の「君がいないと」も作曲をしている。今年は演奏曲に入っていないが両曲ともにTJOの人気のレパートリーだ。

2021年4月24日

長い休みになる前に早目に正式な入部をした1年生と共に!これより3年間よろしくお願いいたします。まだまだパートに空きがありますので入部をお待ちしております。クラブの様子はインスタに部員達の紹介動画を作成しましたのでご覧下さい。多くの皆さんに入部お持ちしております。

晴れ間も出て過ごしやすい陽気にはなった24日土曜日、明日からの緊急事態宣言で部活動もまたしばらく活動が中止となる。授業も遅れての始業と短縮授業で対応する。何はともあれ感染対策をしっかり行い、健康で元気に過ごして欲しい。今日がしばらくお休みとなる活動の最後の活動日となった。現在、部の方は新入部員の勧誘真っ最中だ。学校での部活動ができなくなった来週からはステージをネットに変えて、インスタに募集用動画掲載するべく、顧問が見守る中、本日慌てて動画撮影を行っていた。次に活動再開されるのは中間考査後になるとは思われる。自粛期間を使って中間考査に向けてじっくり勉学に励んでもらいたい。結果を期待している。

撮影した動画はこちらです。YouTubeでこのサイト経由からの限定公開としています。

参考動画より
1.Mack The Knife / Louis Armstrong
ルイ・アームストロングことサッチモが1955年にシングルを発表、1997年にグラミーの殿堂入りをしている。
2.Finesse / Bruno Mars
「アップタウン・ファンク」の次は・・・?
3.My Man Benny / Phil Woods
1930年代〜1990年代ジャズ界の「王(キング)」と呼ばれたベニー・カーターとフィル・ウッズの思い出の曲。フィルはジャズでは無いがビリー・ジョエルの「素顔のままで」のアルト・サックスを担当したことは有名。

2021年4月16日

コロナ感染対策をしっかりとして開催された新入生歓迎会のエンディングはトイストーリーより「君はともだち」。ソーシャルディスタンスでもオーディエンスから手拍子も出て大盛況で終わりました。友達になれるかな?この後の入部をお待ちしております。
新入生歓迎会の後にカルチャークラブコンテスト2021の応募動画撮影も完了いたしました。久しぶりにとても忙しい一日でした。

16日、春らしい陽気の戻った金曜日。これより始まる1年間の準備やコロナ対策に忙しくご挨拶の更新も滞っていたが、ようやく準備も一段落した。本日は毎度ながら感染対策をバッチリ行い、新入生歓迎会を音楽室で行った。始業式後より時折見学に来る新入生達に上級生達は一喜一憂し、今日の歓迎会を心待ちにしていた。新しい1年の始まりは新たな出会いの始まりだ。上級生は定期演奏会でお世話になった先輩方とのお別れの後だけに新たな出会いに心弾む。生徒達の良き出会いを願っている。部員顧問一同、新入生の入部を心よりお持ちしている。
コロナ禍で苦労も多いとは思うがちょっとお洒落でかっこの良いジャズと信頼の出来る仲間とのチームワークで乗り越えて成長して欲しい。
このご時世、イベントは少なくなってしまったが、多くの動画達が我々の活動を支えている。あたかも「ユーチュー部」のようである。是非ともご覧いただき応援のコメントなどいただけたら幸いだ。
最新鋭の携帯機器を持つ生徒達のアイディアが随所に生かされている。ICT戦略の成果か?
演奏と共に進化が今後楽しみだ!我が部にとってもグローバル化とICT化は必需である。

参考動画より
1.It Might As Well Be Spring / Ljubljana Academy Of Music Big Band
1945年のミュージカル映画「ステート・フェア」よりロジャース&ハマーシュタイン作詞作曲の和名:春の如く
2.Easy To Love / Sonny Stitt Quartet
ミュージカル・コメディ映画「Born To Dance(和名:踊るアメリカ戦艦)」で使われたコール・ポーターの曲
3.On a Misty Night / John Coltrane
作曲に才能を発揮したDadd Dameronの代表的な作品をコルトレーンで